「終身保険への加入を考えている」
「ウェルスデザインの特徴などを知りたい」
「終身保険のメリットとデメリットを確認しておきたい」

ウェルスデザインなどの終身保険は本当に必要なのだろうかと悩んでしまう人が非常に多いです。
あると便利な保険の1つですが、経済状況によっては加入すべきかどうか迷うことになるでしょう。
確かに、これは必ずしも加入が必要なものではありません。
どうするか悩んでいる場合は、これを選ぶことがおすすめの人の特徴を知っておくと良いです。

計画的な貯蓄を苦手とする人

まず、計画的な貯蓄を苦手とする人は終身保険が向いています。
このタイプの保険を選ぶのであれば、毎月一定の金額を貯めていくことが可能です。
生活で余ったお金を貯金しようとしても、生活費が余らずに貯金出来ないというような方は、最初から保険料が引かれるこちらがおすすめだと言えます。
解約も簡単ではないため、貯金していてもすぐに引き出してしまうような人にも最適です。
あまりにも早い段階で解約すると大きな損失となりますが、ある程度払い込んでからであればまとまったお金を得ることが出来ると知っておきましょう。

大黒柱が亡くなった時の生活費が心配である時

大黒柱が亡くなった時の生活費が心配である時にも、加入をおすすめします。
特に生活費を多く稼いでいる人が亡くなってしまった時には、貯金がないことを理由に生活が立ち行かなくなってしまうリスクが高まるでしょう。
亡くなった際には様々なお金を受け取ることが出来るものの、それで十分かと言えばそうではないです。
遺族がすぐに働ける状態であれば良いですが、小さな子供がいたり病気で働けなかったりするケースもあります。
終身保険に入っておくことで、残された家族が生活に回せるためのお金を残しておくことが可能です。
万が一の場合に、家族の生活が破綻するリスクを低減出来ます。

相続対策が必要な場合

相続対策が必要な場合も終身保険に加入しておくと良いです。
現金を遺産として残すことも出来ますが、終身保険であれば非課税枠が使えるようになります。
課税対象となる金額を減らすことが出来るため、せっかくの遺産から多額の税金を払うことになるというリスクが避けられるでしょう。
受取人を指定することも出来るため、本来であれば相続の対象とならないような人にトラブルなくお金を受け取ってほしい場合にもこれを活用することが出来ます。

まとめ

自力では難しいけれどきちんと貯蓄をしたい人、大黒柱が亡くなった際の生活費が心配である場合、相続における税負担を減らしたいと考える人などに向いているものです。
ウェルスデザインへの加入を迷っているのであれば、これらに当てはまる場合は前向きに検討してみることがおすすめだと言えます。

ウェルスデザイン告知事項