「日本が抱える問題を考えたい」
「株式会社アトックスってどんな企業?」
「原子力発電所の問題について改めて見直したい」

日本は非常に豊かで平和な国と世界でも認識されています。
それは日本が第二位世界大戦などいくつも戦争で負けてきた過去によってもたらされた産物であり、過去の教訓を生かし平和が維持されているのです。
日本は世界で唯一の被爆国であり、核を持たない持ち込まないのスローガンのもと、戦争を撤廃し平和な日本を作り上げてきました。
核戦争による放射能の怖さや恐ろしさを身をもって知っている訳です。
それゆえ日本の立場は、世界にもっと格や放射能の恐ろしさを訴え、世界平和に尽力すべきだと言えるでしょう。

ゼロエネルギー住宅の仕組みについて

アトックスという会社について色々とまとめてみました。どんな会社か興味がある人興味のない人?も一度チェックしてみては?
アトックスという会社について色々とまとめてみました。

ロシアによりウクライナ侵攻

だが昨今の世界情勢を見ていると、日本がどれだけ核や放射能の恐ろしさを訴えても、一向に核保有の国は減少せず、むしろ核をちらつかせ国の安全を担保したり、国際高所に乗り出す姿勢がうかがえるんです。
ロシアによりウクライナ侵攻もその一つということができるでしょう。
核の恐ろしさを見せつけ、4ロシアはもはや世界を掌握しようとしています。
現実原油が輸出されないことから原油高で、日本も円安がとどまるところを知りません。
小麦などもウクライナから輸入が制限されるようになり、生命線である小麦粉などや牛肉なども軒並み価格が高騰し、我々の生活がひっ迫するようにもなってるんです。
このように日本が世界に訴えてきた核や放射能の恐ろしさは、世界には浸透せず思惑とは反対の方向に世界が突き進んでるのです。
また日本は甚大な自信を二つも経験してきました。
その一つが阪神淡路大震災であり、もう一つが東日本大震災なんです。

募金の種類を知ってサポートしよう

阪神大震災ではマグニチュード7クラスの大地震で激しい揺れ体験

阪神大震災ではマグニチュード7クラスの大地震で激しい揺れ体験し、高速道路などが寸断されるなどライフラインが途絶える恐ろしさを体験してきました。
地震に伴うガスや電気漏れによる火事なども体験し、地震の二次被害の恐ろしさを身をもって知ったのです。
それは東日本大震災でも同様であり、地震の激しい揺れの後に津波が押し寄せ家屋や車がすべてなぎ倒され、流されていきたくさんの命も奪われました。
特筆すべきは東日本大震災では福島原発が大打撃を受け、世界規模の弊害をもたらしてしまったという点です。
原子炉建屋が倒壊してしまい、メルトダウンが始まってしまって汚染水が大量に排出され、海にも流されたのです。
海に汚染水が流されてしまうと、サンゴ礁や藻が壊滅し、魚が住みにくい環境になってしまうのは言うんでもありません。
汚染された餌を魚が食べると、人間は汚染水にまみれた魚を食事としていただくことになります。
それが何円も続くことにより、人体にもしくは地球環境にどのような悪影響を及ぼすかは誰も知るすべがありません。

原子炉のあり方核燃料の利用について世界で考えていく必要がある

これは福島県沖の問題ではなく、世界の海に関連し世界規模の問題としてとらえる必要があるんです。
日本は核による被ばくだけでなく、原発事故による被ばくや汚染水の流出を経験してきました。
こうしたことも同時に世界に訴えて、原子炉のあり方核燃料の利用について世界で考えていく必要があると言えるでしょう。
ただ日本は石油やガスなど天然資源をほとんど持たず、その資源をロシアなどの外国に頼らざるを得ません。
それゆえやはり不足する箇所は、原子力発電などで賄うしか方法がないのも事実です。

株式会社アトックスが取り組んでいること

そこで注目したいのが、株式会社アトックスのような原子力発電関連事業や原子燃料サイクル関連事業に特化した企業です。
日本は福島原発の事故が起こったからと言って、日本全国の原子力発電所を全て廃炉にするわけにはいきません。
やはり原子力発電にも依存し得行かないといけない以上、より安全に安心して使えるように保守管理していくしか方法がないのです。
株式会社アトックスはこうした原子力発電所の保守管理、放射性廃棄物処理などをはじめとする各種業務を行っているんです。
それゆえこうした会社は東日本大震災以降非常にニーズが高まってもいるのです。
こちらの会社では放射線取扱資格者を積極的に採用したり、資格取得に向けた研修や勉強会を実施しています。
そして有資格者600名前後を派遣し、原子力施設などでの作業に伴う放射線管理業務に幅広く対応している訳です。

デコミッショニングも実施

デコミッショニングといって、老朽化等により永久停止した原子力施設を解体したり撤去し廃止措置なども実施しています。
こうした実績やノウハウ、経験を買われ東日本大震災に伴う福島原発の復興事業などにも従事するようになったのです。
株式会社アトックスは従業員自ら甲状腺がんや健康被害を顧みず、福島や日本もしくは世界の海のために尽力してくれています。
これは日本人として誇りであり、この行に努める社員に多くの人が注目し、感謝の気持ちを持っているのも事実です。
し貸しながら、廃炉に向けた段取りやノウハウ、知識に精通するものの、汚染水処理に関しては株式会社アトックスのみならず全世界でその知識に精通する人はほとんどいません。

まとめ

そのため汚染水をどのように処理するのか、本当に海洋放流していいものなのか、株式会社アトックスでさらにこうしたことの研究開発が進むことを世界が願ってやみません。