東進衛星予備校MSGは、大学受験を目指す多くの生徒たちに利用されています。
映像授業と聞くと、対面式と比べてクオリティが低いと決めつける人も少なくありません。
しかし、この予備校に関しては、その考えは明らかに的外れなので注意してください。
一般的な予備校における対面授業よりも、遥かに中身の濃い内容を教えてもらえます。
それを可能にしているのは超一流の講師が揃っていることです。

東進衛星予備校MSGの講師の特徴

この講師たちはいずれも素晴らしい教え方を実践していますが、全員に共通するスタンスが見受けられます。
それは、自分の教えたいことを中心にしていない点です。
いくつかの予備校の授業を受けると分かりますが、同じカリキュラムでも講師によって重点を置くところが違います。
どこに置くのか決めるときに、自分の経験や勘を頼りにすることが多いです。
しかし、それは不確かなものであり、現代では通用しないケースも増えています。
ビジネスシーンと同様に、受験業界も移り変わりが早くなっているからです。
講師の経験や勘だけでは付いていけない時代が到来しました。
東進衛星予備校MSGでは、その対策も十分に行われているの安心してください。
業界最大規模の受験ネットワークを駆使して、合格に必要な情報をしっかりと収集しています。
もちろん講師の経験や勘も活かしていますが、まずは確かな情報をベースにするスタンスを取っているのです。
受験は情報戦と言われることが多くなりました。
時間はどの受験生にも平等に与えられていますが、効率に関しては大きな差があります。
言い換えると、同じ300時間を貰った場合でも1分あたりの価値は違うということです。
こちらの予備校を頼ることでその価値は飛躍的に高まることになります。

1週間あたりに受講する科目数を自分次第で増やせる

東進衛星予備校MSGには、受験勉強のスピードを加速させる仕組みがもう一つあります。
それは1週間あたりに受講する科目数を自分次第で増やせることです。
一般的な予備校では週に1回であるのに対し、こちらなら3回受講するという選択肢もあります。
そうすると必然的に3倍の速度で進行していくというわけです。
もちろん、それだけ生徒の負荷が大きくなるのは間違いありません。
そのため、多く受けることを無条件には勧められませんが、やる気に満ち溢れている生徒なら授業を増やして合格に近づいていけるでしょう。
実はこの点において映像授業であることは大きなメリットとなっています。
生徒が週に3回受けたいといっても、対面授業で実現するのは簡単ではありません。
講師側のスケジュールや他の生徒との兼ね合いなど多くの問題があるからです。
しかし衛星授業であれば、画面の向こうの講師は生徒の好きなタイミングでいつでも教えてくれます。
まさに疲れ知らずの鉄人講師といっても過言ではありません。

学ぶタイミングに関する柔軟性も高めている

この事実は学ぶタイミングに関する柔軟性も高めています。
たとえば、2学期に通い始めたとしても、学年の最初の授業から受講することも可能です。
それどころか3年生に入っても1年生のカリキュラムから学び直せます。
もちろん、すでに通っている人が復讐のためにさかのぼることも可能です。
息抜きのつもりで昔の授業を受けるような使い方もあるでしょう。
対面式の場合は予備校のペースに合わせて受けていくしかありません。
理解力には違いがあるので、全員が歩調を合わせ続けることには無理があります。
そのような個人差を無視した戦略では、いくら講師が優秀でも合格に導けない生徒たちが出てきます。
東進衛星予備校MSGはそのリスクを排除した合理的な指導を確立しているのです。

1万にも及ぶ授業の中から自分のレベルに合ったものを選べる

これは時間だけに焦点を当てているのではなく、内容のバリエーションに関しても同様のことがいえます。
1万にも及ぶ授業を用意しており、生徒は自分のレベルに合ったものを得らんで進められるのです。
自信がない人は最初は簡単なものからスタートし、偏差値の推移を見ながら切り替えていくと良いでしょう。
とりあえず2年生の冬までに基礎をすべて押さえて、そこから一気に受験レベルの従業に切り替えるような使い方も可能です。
大学レベルの授業も用意されているので、ハイレベルな生徒が予習を兼ねて受けているケースもあります。
このように、豊富なラインナップを用意できるの衛星授業の強みです。
さらに現代にマッチしている最大の要因として、自宅でも受けられることが挙げられます。
現代の高校生は大人以上に忙しいことも多く、予備校まで通うことが負担になっているケースも珍しくありません。

まとめ

自宅と高校の間に位置していれば負担は軽くて済みますが、ルートをそれて通うとなると一苦労です。
天候や交通機関の乱れの影響を受けて、授業を受けられないようなケースも見受けられます。
そのようなリスクがないうえに、感染症を気にしなくて良いことも大きなメリットです。
感染予防のためにオンライン授業を用意する予備校が増えていますが、たいていは東進衛星予備校MSGほど洗練された環境を用意できていません。