受講申し込み

新着情報

一覧を見る RSS

私たちの未来を変える仕事「覆面調査」~あなたの調査が時代を変える~

生活していく中で、“時間を無駄にしている”と感じることはありませんか。 新しい人生の“トビラ”を開く仕事をしてみたいと思いませんか?

「覆面調査」という仕事が、各業界で今、脚光を浴びています。 コンプライアンス・法令順守や、消費者保護等が世間で叫ばれ、各業界では、その需要に対応しようと、日々試行錯誤しています。

そうした中で、近年特に注目を集めているのが、「覆面調査」です。 客観的な視点から企業の活動を観察し、消費者目線の声を経営者に届けるという、経営者が欲する情報を洗い出すためには、とても素晴らしい手法とさえ言われています。

この「覆面調査」は、私たちの生活の中で、空いた時間を有効活用し、普段の生活では絶対に経験できないことを体験できる仕事でもあります。

これから先、どうしたら良いだろう…”と悩む大学生。 “余裕なく、子育てで1日が過ぎていく…”と感じている主婦。

皆さん、色んな悩みもありますが、いったん手を止めて、色々な仕事に触れてみてはいかがでしょうか?それができるのが、「覆面調査」という仕事です。

覆面調査とは??

仕事の内容

覆面調査導入件数推移 近年、特に企業の間で注目を集めているマーケティング手法が「覆面調査」です。客観的な視点から企業の営業活動を観察し、消費者目線の声を経営者に届けるという、経営者が欲する情報を洗い出すために効果的な手法です。
2011年の調査では、月間6万店舗以上が覆面調査を導入しているとされております。2006年の調査では月間3万5,000店舗程度だったので、6年間で約171%伸びており、この手法が注目を浴びていることがわかります。
この背景には、特に近年、口コミや内部告発によって窮地に追い込まれる企業が珍しくありません。企業で何らかの事件が起こると、社会的に負のイメージを与え、経営上の大打撃となります。
コンプライアンスや危機管理、消費者保護の見地から調査を行い、一定の
評価基準に基づいた正確な「消費者の声」を経営者へ届ける専門家が覆面調査士です。

楽しく稼ぐことができる

居酒屋やレストランの飲食を楽しみながらの調査や、ショッピングを楽しみながらの調査など、自分の趣味の延長で行える仕事から、銀行や証券会社のお客様対応を調査するような、責任感と充実感のある仕事まで幅広く経験することができます。
もちろん、飲食代等は会社が負担しますので、飲食や買い物を楽しんで給料がもらえるという魅力的なお仕事です。

空いた時間にひと稼ぎ

空いた時間 学生の方であれば、講義やサークル活動、アルバイト、飲み会など、忙しく過ごされていると思います。
しかし、「もう少しだけ稼ぎたい」「就職活動に活かせることをしたい」などとお考えであれば、「覆面調査」はピッタリです。
講義とアルバイトの空いた時間、サークル活動が終わったの空いた時間に「覆面調査」の仕事を入れることもできます。
また、条件さえ合えば、飲み会を「覆面調査」の仕事を兼ねることさえできます。

主婦の方であれば、育児や家事など忙しく過ごされていると思います。
しかし、「自分のお小遣いは稼ぎたい」「子供の教育費を稼ぎたい」などとお考えであれば「覆面調査」はピッタリです。
お子様を幼稚園に預けている間の数時間、お子様を幼稚園に迎えに行った帰りに喫茶店に寄る際に合わせて仕事を入れることもできます。
条件さえ合えば、お母さん会や同級生の女子会を「覆面調査」の仕事を兼ねることさえできます。

就職に有利

様々な企業や店舗を客観的な視点で「店舗対応」や「営業活動」を観察することにより、対応に必要なポイントや営業活動のコンプライアンス・危機管理など、「覆面調査」の調査員として経験しなければ得られない情報・知識を身につけることができます。
また、就職の際、応募する企業と覆面調査を行った企業との比較ができる点、さらに覆面調査時のチェック項目の把握により、コンプライアンスや危機管理のポイントを身につけることができる点など、就職活動に有利とも言われております。

覆面調査士取得のメリット

メリット 調査会社によっては、この資格を取得していると仕事の依頼回数が増えたり、時給が上がったりと、覆面調査のアルバイトをする際のメリットが多数用意されております。
また、より正確に覆面調査のお勉強をすることで、就職の優位性が高まったり、時給アップの上がり幅が増したりなどのメリットもあります。

【 覆面調査士 資格 】への推薦文


覆面調査の需要の高まり

2011年の調査では、月間60,000店舗以上『覆面調査』を導入していると言われております。

覆面調査の導入店舗が、2006年から2011年の間に171%もの急激な伸び率になった背景には、企業倫理・コンプライアンス・危機管理といったところに起因します。

記憶に新しいところですと、日本最大手証券会社のインサイダーによる役員の引責辞任や日本大手の光学機器・電子機器メーカーによる過去20年の損失隠し、食品大手企業の産地偽装問題など、事件が継続的に起こっております。

このような事件が起こってしまうと、会社に与える社会的な負のイメージは大きく、会社として大打撃になってしまいます。
これらを未然に防ぐために、「覆面調査」を導入する企業が増え、需要が高まり、私たちが暮らす社会の中で「覆面調査」が必要とされている現状になっております。

覆面調査士の需要の高まり

直近5年間で、「覆面調査」の導入店舗が月間約25,000もの急激な増加があり、社会的に需要が高まる一方、「覆面調査」を行う人材が全く足りないという問題に直面しております。
現代の社会において、「覆面調査士」の人材不足の解消が急務であり、確かな知識を持ち、各業界を客観視できる人材の育成が求められております。

私たちの生活を守るという、高い志しを持った方々の就業は、覆面調査企業にとっても待ち望んでいることです。

こうした背景を受け、一定の専門的な知識と適切なスキルを身に付けた「覆面調査士」を育成するため、弊機構が「覆面調査士養成講座」を開設し、社会が求めている人材の育成に従事しております。


覆面調査士の活躍の場

覆面調査士の資格を取得した方々には、開業や新事業を立ち上げた方、副業として活動をしている方が大勢おります。

その中で、弊機構よりお仕事のご紹介をさせて頂きたいと存じます。

株式会社メディアフラッグの「MediF(メディフ)」へご登録(無料)して頂ければ、覆面調査士の資格取得者は、優先的にお仕事をご紹介して頂けますし、お仕事に当選する確率も高くなります。

株式会社メディアフラッグは、覆面調査業界で初の上場企業として、業界最大級と言われております。
全国の覆面調査を行っており、飲食店やコンビニ、遊園地、駅ビル、銀行など多数の覆面調査案件がございます。
また、メディアクルー(登録調査員)の登録も168,000人を超え、覆面調査の依頼件数も増加しております。
株式会社メディアフラッグのホームページは、こちら


覆面調査士の活躍の場が増加し、企業と社会へもたらすメリットは多岐にわたりますので、今後、10年間は
需要が伸び続けると言われております。

企業の社会性とモラル

企業の中には、経済性を追求するあまり、倫理性を欠きステークホルダーを欺く企業行動を取り、環境問題や粉飾決済処理など、私たちの生活に直結する事件をこれまでに幾度となく起こしてきました。

改めて経営の監視機能・第三者機関の必要性が高まり、企業の「社会性・倫理性」の回復と目指す動きが求められます。

この様な背景があり、コンプライアンスや消費者保護の見地から調査を行い、経営者へ一定の評価に基づき”消費者の声”を代表して届ける人材が必要とされております。

覆面調査士がもたらす効果は重要で、社内的には「提供サービスの品質維持・向上」や「従業員の満足度向上」があり、社外的には「消費者保護」や「企業の社会性の調査」があります。

これらは企業・消費者両者にとって重要なファクターです。
企業にとってはサービス・商品の品質が向上すれば、企業への支持も増えます。また、従業員の満足度が増せば、サービスの向上へもつながります。さらに、隠ぺい体質の改変も可能になます。
消費者側も食品品質管理など調査することで、生活の安全を確保でき、データの改ざんを防ぐことにより様々な恩恵を受けられます。

覆面調査士が企業と社会へもたらすメリットは多岐にわたり、覆面調査士の調査によって、企業の社会性の保持・回復とモラルの徹底、さらには私たちの生活の安全を守ることが出来ます。

QUEST 覆面調査士認定機構は、従業員の社会的モラルをチェックするQEST検査機関からの「Qマーク」の使用資格の承認を得ています。